--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.12.18

『前世』

私は前世、トナカイの遊牧民だった。
そう言うとまちがいなく電波女なのだが、そうなのだ。
誰しも小さなころのぼんやりとした記憶があると思うが、私にもある。
ただ、それは「公園の砂場で山を作った」とか「ビー玉の取り合いで喧嘩になった」とかそんなのではない。

記憶の中で、私は眠りから目覚めたところだ。
何歳であるかは知れない。
ただ、母親らしい赤い頬の女性の膝に肩まですっぽり収まる体つきの幼い子どもらしかった。
母親の膝は獣の毛皮のような厚くて長い毛の布に覆われている。
もたれかかっていた私は目元を擦りながらあたりを見回す。
かぶせられたフードについた防寒の毛のせいで、体全体をひねるようにしないと周りを見ることさえ難しかった。
母と同じように毛皮のついたぶ厚い服の老婆や若い娘が身を寄せ合うようにして、膝を立てて座っている。
天井は低い。筵みたいなものが、母たちの頭の上にかかって屋根になっていた。
ガタガタと木板の床が揺れている。
揺れるたび、天井代わりの筵に隙間が空いた。
私は伸びをして、筵の隙間から外を覗いてみる。
雪の壁がある。横殴りに雪の粒が飛んでゆく。
私たちは、吹雪の雪原を滑るように進んでいるのだ。
母の手が伸びてきて私を膝の上に引き戻す。
静かな空間だった。

夢で見たとかではなくて、いつの頃からかぼんやりその光景が頭の中にある。
不思議に思って
「私って小さい頃、吹雪の中犬ぞりに乗ったとかそういう体験ある?」
と母親に聞いたところ、
「ゾウには乗せたことあるけどね」
としか返ってこなかったので、どうやら現実の記憶ではないようである。
しかしながら、子ども時代からの妄想癖だと片づけるのではあんまりに夢がないので、前世の記憶だということにして自分の中でその神秘性を保っている。
何もかも思い違いだとか夢だとかで片づけるのはもったいない。
それに、小学校の低学年の子どもにしては、知らない知識の混じった夢なのだ。

余談ではあるが、記憶の中にトナカイが出てこないのに「トナカイの遊牧民族」としたのは、先日大阪にある国立民族学博物館を来訪したからである。
展示の中に、夢で見たのとよく似た服が展示してあったのだ。
毛皮でできたコート、視界をさえぎるほど毛足の長いフードのふちの毛足。記憶のままだ。
雪原の中を走るための犬ぞりもあった。これは一人用で、形が違ったけれども。
その民族は、チュクチ族という。
ツンドラ地帯に住み、ハスキー犬と共にトナカイを遊牧する一族だ。
形質的にはモンゴロイド、赤い頬をした人々なのである。


(おわり)
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。