--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.04.17

『コンドームの別に正しくない使い方』

昨今、BL小説にもセーフセックスを!性病予防の正しい知識を持とう!という向きがある。
賛同するも、知ったこっちゃあるか俺は二次元BLファンタジーで無責任中出しするぞ!と思うも自由ですが、セーフセックスと言えばコンドームですよね。


コンドーム。
それとの出会いは忘れもしない中学1年生の夏。
小中学生の間ではしばしば科学的根拠ゼロの突拍子もないおまじないが流行るものである。
「コンドームをお財布に入れてるとお金が貯まる」
これもそのひとつだろう。
コンドームは瞬く間に学校中に広まった。
私も友だちが先輩の先輩の友だちのお兄ちゃんからもらったのをもらったことがある。
えらく長い旅をしてきたコンドームだ。
自分で買ってる子も中にはいたのだろうか。
でも先日の『限界腐女子、大人のオモチャを買い込む』でも書いた通り自分からこの手のものを買ったと宣言する人はあんまりいない。
女子中学生ならなおさらだろう。
それらが流通するときはたいてい「私ももらったんだけど、分けてあげる」という文句が使われた。
ただ、これは避妊具だという認識はみんなあったが、それよりもまず「金運グッズ」だった。
なので、それを財布に入れることにみんな特別深い意味を感じていなかったと思う。
今になって勘ぐってみれば、
女子学生が財布にコンドームを入れておく→それを使って援助交際する→お金が手に入る
という風が吹けば桶屋が儲かるショートバージョンなのでは……と思うのだが。
ただ、この噂は男子にも広まっていたので、男子生徒も財布にコンドームを入れてる子が多かった。
この間攻めが助けに来ないタイプのモブレイプを読みながら「この受けも金運アップのおまじないでコンドーム持ってりゃ中出しは免れたかもしれんな……」と懐かしく思い出した。
ちなみにこれはこの後攻めによる「俺が触られたとこ全部きれいにしてやる……」というお清めセックスが行われてしまい泡吹いて倒れたのだが、攻めも無責任中出しマンだった。
何がお清めだよ。お前の精液は聖水か?

コンドームとのかかわりは次第に深くなりはじめる。
おまじないグッズではなく、遊び道具としての活用の始まりだ。
中学二年生になり「コンドームのパッケージを開ける」ということを思いついた我々。
火を初めて使えるようになった人類みたいですね。
コンドームをちんちんカバーとして以外の用途で使ったことのある人はめちゃくちゃ多いと思うので言うまでもないが、あいつの伸縮性たるや並大抵のものではないのだ!
ぷうぷう膨らませればそこらの風船なんか目じゃないほど膨らむ。
水風船にすれば信じられないほどの水が入る。
これ、ちんちんに被せて精液溜めるより災害時に水を運ぶのに使うほうがよっぽど……。
と思ったらすでに活用されている例も多くあるようですね。
中でもこちらの記事
「コンドームを持つ女性はかっこいい」という文化を作りたい! “女性のための防災キット“が企画された理由 http://news.livedoor.com/article/detail/9217461/
で取り上げられているサバイバルセットには、コンドームも飲料水や備蓄食料と一緒に入っています。
一部を記事より引用します。
『コンドームは災害時にも活躍してくれます。日本製のコンドームは非常に性能がよく、止血や怪我をしたとき雑菌が入らないよう手袋として使えます。さらに、水も最大4リットル入れることができます。運ぶことを考えると1~2リットル程度(布でくるんで持つと割れにくい)が適当ですが、転がっているペットボトルに水を入れるよりも清潔です。』
防犯ないしジェンダー的な観点からも女性がコンドームを持つことは推奨されますが、こういう使い方もあるんですね。
ちょっと真面目なほうに話が逸れました。
……と、大人になったのでこういう風にも考えられるのだが、中学生女子、しかも女子力キラキラではなく完全にオワリの臭気をまとった腐女子にそんな思考があろうか?
いや、ない。
私の脳は小学生の男子とタメ張るレベルなのだ。
酸欠になるほど膨らませることができる風船! 4リットル入る水風船!
テンションが上がらないわけがない!
類は友を呼ぶ現象で集まった大はしゃぎ仲間たちとコンドーム風船バレーなどに勤しんだものだ。
公園でコンドームをポーン、ポーンとトスする女子中学生。
ちょっと前衛芸術系の監督が撮ったショートムービーの一部っぽいエモさないですか?
かくしてコンドーム遊びが定番となった我々イケてない女子中学生は公園で薄ピンクのそれを酸欠寸前になりながら交代で膨らませては大はしゃぎした。
この公園、子どもが遊んでるといきなりキレだす爺さんが隣に住んでいて小学生が来ないので好都合だったな……。小学生がいたらさすがに躊躇したであろう。
ちなみにコンドームの入手先は100円均一ショップだ。
最近見かけないけど、昔はサンリオキャラとコラボしたのが売ってたのだ。
宙を舞うコンドーム。風にさらわれるコンドーム。その下でスカートを翻す女子中学生。
しかし女子中学生は飽きっぽいことでも有名な生き物なので、コンドームバレーにもすぐ飽きてしまった。
空気の抜けてぺちゃんこぺらぺらになったコンドームをなんとなく蛇口に装着してみる。
ゴクゴクと水を飲んで膨らんでいくコンドーム。
その動きはなんとなくコミカルで小動物的であった。
「かわいい……」
「こいつ、かわいいよ」
女子中学生、それは箸が転がっても可笑しい年頃。そしてアンガールズを見てもキモカワいい年頃。
コンドームだってかわいいのだ。

「ねぇ、このコンドーム飼おうよ」

知能低下した女子の発想はいつもこれだ。
というか、私の「オナホでペットロス」はここからきている。
かくして女子中学生が公園の茂みに隠してコンドームを飼うドキドキの放課後がスタートした。
水をたっぷり飲んでたぷたぷになったコンドームのかわいさたるや。
まだ飼ったことがない人はぜひ飼ってほしい。
安価でエサ代もかからずスペースもとらないし鳴かないし従順だし……。
一人暮らしにもぴったりだと思うんですよね。
おたくの推しにもコンドーム、飼わせてみたらいかがですか?
遠距離恋愛の攻めを思うたびにさみしくてペットを飼おうとするも、アパートがペット不可なので彼が置いて行ったコンドームに水を溜めて洗面器の中で飼育を……? ……?
自分のカップリング観のあり方に皆目見当がつかなくなってきた。狂いそう~^
まぁなんというかしかし、今受けの行動として挙げたのが我々のコンドーム水風船の飼い方であった。
学校が終わると公園に立ち寄って、ぷにぷにつんつんする。
抱っこしようとするとブルン! とたっぷり水を溜めこんだ体がすべって逃げていく。
ぺちぺち叩けば洗面器の中でビチビチ暴れるその生き物がいとおしくてしかたなかった。
名前までつけていた。ポチだったか、タロだったか……。犬と同じ扱いである。
生類憐みの令に犬だけじゃなくコンドームも含ませるべきだと思う。
この間の『限界腐女子、大人のオモチャを買い込む』を読んだ人はもうお気づきのことと思うが、アダルトグッズを飼うともちろんあれがやってくる。
ペットロス。
私たちが飼っていたコンドームは、わずか四日で帰らぬコンドームとなった。
いつもどおり公園を訪れた私たちを待っていたのは変わり果てたコンドームであった。
破裂し、無惨にもゴムの破片になったかわいいペットの亡骸と血の代わりの水たまり。
これが人間のやることかよ!
先の尖った木の枝などでオモシロ半分につつかれて破裂したのは明確だった。
やりどころのない怒り! 女子高生はジャングルジムによじ登り、あのバネでびよんびよんなるパンダとかの乗り物に立ち乗りし咆哮した!
窓を開けて即座にキレる爺さん!スタンバイでもしてたのか?!
争いは何も生まない。悲しみだけが広がっていくだけだ……。

コンドームはセーフセックスの象徴だ。
セーフセックスは望まれない妊娠をなくし、性病を予防する。
これは平和への足掛かりだ。
コンドームは、平和の象徴……。平和の象徴を、見ず知らずの誰かが、誰……クソ……!
こんなの、戦争だろうが…………!!!


これは本当に余談ながら、私はいまだコンドームをセックスを目的として使用していない。
とうに成人した私は今も時折コンドームを膨らましバレーをしたり、水を溜めてぷにょぷにょのペットにしたりする。
働き始めてお金にそこそこ余裕もできたので、無駄に光るコンドームだって買えちゃうのだ!
そして今それに付き合ってくれるのは、もっぱら弟なのである。
女子中学生時代、キラキラ輝くアホ下ネタの日々で私に付き合ってくれたみんな。
みんな、結婚しちゃったり腐女子を卒業したりしたね。
私ひとりだけが、あの日の公園で今もコンドームを飼っている。
急にさみしさがこみあげてきて収拾つかなくなってきたので、もうこのへんで終わっていいですか?
スポンサーサイト
Posted at 11:36 | 小話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。